協会けんぽから従業員へ健康保険証が【直接送付】ができるようになります。(2021年10月1日以降)

お知らせ

 

協会けんぽから従業員へ健康保険証が【直接送付】ができるようになります。(2021年10月1日以降)

 

全国健康保険協会(協会けんぽ)から健康保険証を従業員へ直接送付することが可能となるよう制度が改正され、
2021年10月1日から施行されます。
コロナ禍で各社が在宅勤務・テレワークの取り組みを急速に進める中での改正です。

 

健康保険証の交付

≪before≫
事業主が社会保険(健康保険・厚生年金保険)の資格取得手続きを行うと、
協会けんぽから事業主宛に健康保険証が送付されていました。
人事担当者や手続き担当の方は、健康保険証の郵送物を受け取り、
該当の被保険者ご本人に転送するために出社する必要がありました。
≪after≫
協会けんぽから被保険者ご本人のご自宅に直送することが可能になります。
(人事担当者や手続き担当の方が在宅勤務・テレワークを続けることができますね!)

ポイント➀

【保険者が支障がないと認めるとき】は、被保険者に直接送付することが可能。
原則はこれまで通り「事業主への送付」となっておりますので、
被保険者本人への直送については詳細が分かり次第改めてコラムで発信していきます。

ポイント②

【資格喪失した場合の保険証の返納も従業員より協会けんぽへ直送できるか?】→できません。
被扶養者の異動の場合も含めて、保険証の返納については事業主経由が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪参照:厚生労働省≫202108事務連絡

ご不明な点等ございましたらお気軽にご相談下さい。

社会保険労務士法人ワーク・イノベーション
〒224-0041 横浜市都筑区仲町台1丁目2-20
フロンティアビル6F
TEL:045-532-3883
プライバシーポリシー
Copyright © Work Innovation. All Rights Reserved.